DHA不足がもたらす弊害と青魚以外で摂る方法

DHAが体にいいということは、広く知られています。

ですが、DHAを摂ることで得られる効果について、詳しくしっている方は多くないと思います。

DHAは、生物が生きていくうえで、非常に重要な役割を果たしす必須脂肪酸の一種です。

DHA不足は、健康に深刻な害を及ぼします。

鬱や認知症のリスクの増加や、視力障害が起こる場合もあるので、注意が必要です。

普段青魚を食べない人は、DHAが不足している可能性があります。

ですが、青魚を食べ続けるのは難しいですし、食の好みもあります。

青魚から摂るのが難しい場合は、それ以外の食品で補いましょう。

DHA不足に悩んでいる場合は、アルファリノレン酸という成分を摂るようにしてください。

アルファリノレン酸は、体内でDHAに変わります。

主にえごま油といったオイルや、クルミといったナッツ類に多く入っており、これらを摂ることで、DHA不足が解消できます。

青魚が苦手な方は、こういった食べ物で摂るようにしましょう。
また、サプリメントも有効な手段といえます。

自分にあった方法で、DHA不足の予防と改善を行いましょう。

缶詰にも多くのDHAが含まれているので簡単で便利に摂取できる

DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸といい、魚に多く含まれる必須脂肪酸です。

脳の神経細胞は一度は死滅すると再生されないと言われますが、残った神経細胞が活発に動いてくれると脳の老化は防げます。

軽い運動や食生活で活性化させていくことです。健康のためにもDHAを多く含んでいる魚を食べることを心掛けます。

DHAといえば生魚のさばやいわしやさんまなどを思いつきますが、これらの缶詰にも多くのDHAが多く含まれています。

煮汁にも多くDHAが含まれていますので、捨てないで調理することをおすすめします。マグロやカツオのシーチキンにもDHAが含まれていますので手軽に調理でき便利に摂取できます。

シーチキンのレシピでは玉ねぎをスライスしてシーチキンの缶詰、調味料は醤油だけを和えるだけでとても簡単でヘルシーで美味しいです。

玉ねぎ以外でも大根や人参などの野菜を和えても美味しいです。缶詰で多くのDHAを摂取できるのでとても簡単なのでおすすめします。

DHAサプリメントの正しい摂り方

DHAは、日常的に取り入れたい、体にとって欠かせない成分です。

ですが、毎日続けて摂りつづけるのは、なかなか難しいと思います。

そんな方にお勧めなのが、DHAが入ったサプリメントです。

ですが、摂り方を間違えると、正しい効果が発揮されません。

今回は、DHAサプリメントの効果的な摂り方について、考えてみたいと思います。

DHAサプリメントは、継続することが何よりも大事です。

効果を実感できるまで、多少時間はかかりますが、毎日欠かさず飲むようにしましょう。

また、DHAは熱に弱い性質を持っています。

熱い飲み物と一緒に飲むのは、やめておきましょう。

吸収率を上げる為に、食後すぐに摂るようにするとよいと思います。

食後、飲む時間を決めておけば、忘れる心配も少ないです。

ただし、過剰摂取には気を付けてください。

体の不調を引き起こす可能性もあるので、用法容量を守るようにしましょう。

DHAサプリメントの効果を最大限、実感できるように正しい飲み方を行ってください。