DHAとEPAを食品から摂取する方法

DHAとEPAを食べ物から摂取すると考えた場合には、どんな調理法や、レシピが一番効果的なのかという事を調べました。

 

DHAとEPAは、実は熱に非常に弱いと言われていて、加熱してしまうと、体への吸収率が落ちてしまいます。

 

では、どうしたら効果的にDHAとEPAを摂取する事ができるのかと言いますと、生で食べるという事になります。

 

すなわち、お刺身が一番DHAとEPAを効率よく摂取できるという事になります。

 

しかし、お刺身は苦手などという場合は、高熱で調理する魚の天ぷらや、魚の唐揚げより、魚をそのまま煮たり蒸したりする調理法で、しかも煮汁や蒸し汁まで飲み干すと効果的に摂取する事ができます。

 

お手軽に食品から摂取する方法として、缶詰があります。

 

青魚の鯖の缶詰やいわしの缶詰にはDHAとEPAが豊富なので是非オススメです。

 

缶詰なら、サラダの上にのせるだけで簡単に調理ができ、一品料理にもなり、しかも安くすむので忙しい方にも良い方法です。

魚嫌いの人がDHAを摂取するにはしらすがおすすめ

DHAを摂取することにより記憶力や集中力が良くなるのは事実です。

 

胎児の時は胎盤から、乳児の時は母乳から、幼児になると離乳食から摂取します。

 

できる限りたくさん摂取して欲しいですが、DHAは魚の油に多く含まれています。

 

特に青魚は豊富ですが好き嫌いがあります。それに小さな子供にとって魚は骨が心配です。

 

そこで活躍するのがしらすです。

 

しらすにはDHAが豊富です。EPAもカルシウムも含まれています。

 

そして小さいので頭からしっぽ全てを食べることができるので無駄なく栄養を摂取することができます。

 

しらすは料理の味に邪魔をしません。

 

しらすそのものの味が苦手でも料理に混ぜると分からなくなります。

 

特に幼児食では様々な料理に混ぜて使用することができます。

 

オニギリに入れたり、お野菜の炒め物や卵の中に入れても味を邪魔しません。
カレーやチャーハンに入れると知らず知らずのうちに食べることができます。

 

骨が心配な人や魚が嫌いな人はDHAを摂取するにはしらすがおすすめです。

EPAをたっぷり摂取できるメニュー

良質な脂肪酸で話題の「EPA」を気軽に摂取できるメニューを紹介します。

 

まずひとつは鮭のマスタードクリームソースです。

 

ムニエルした鮭とキノコに生クリームとガーリック、マスタードを加えたソースをかけるだけででき上がります。

 

ライスはもちろん、パンにもピッタリです。

 

イワシのトマトソース煮も人気メニューのひとつです。

 

まずガーリックをオリーブオイルで炒めてイワシを加えます。

 

その後トマトソースを入れてさらにバジルを加え煮込めば完成です。

 

スパークリングワインのおつまみにもなります。トマトソースにはビタミンAやリコピンも含まれていて、1度にたくさんの栄養を補えるのも魅力です。

 

ブリのとろろ和えもEPAを手軽に摂取できるメニューです。

 

ブリのお刺身にすりおろした長いもと青のり、めんつゆを混ぜ合わせれば出来上がります。

 

辛いのが好きな人はわさびをトッピングするのもおすすめです。

 

ご飯の上に乗せれば、ブリのとろろ丼になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です