そもそも、DHAとはドコサヘキサエン酸という有機物の事を指し、EPAとはエイコサペンタエン酸という有機物の事を指し、いずれも不飽和脂肪酸に属する物質となっています。

 

どちらもサプリや食品などで摂取することで血行が良くなったり頭がよくなったりするなどで体に良いと一時期話題になったこともありますが、このうちEPAは摂取すると脳内で早い段階でDHAなどの物質に変化する可能性があり、このDHAはそのまま残ることが多いことから、脳などの神経系に良い効果を与えるのはDHAの方であると考えられます。

 

一方、EPAは血液の中で増えやすくなる傾向を持っているのに対し、DHAは摂取しても増えにくい傾向を持っています。従って、コレステロールが溜まるなどして、どろどろになった血液を改善しやすくなる効果があるのはEPAであると考えられます。

 

よってEPAは動脈硬化症や高脂血症など血液関係に効果があり、DHAは脳内活性化など神経関係に効果が出やすくなるという違いがあります。

若返りにも効果的なDHAとEPA

DHAとEPAと聞くと、健康に良いのかな?と思われがちですが、実はこの二つの成分は、若返りにも効果的なのです。

 

女性にとっては、アンチエイジング化粧品は魅力的に感じますが、栄養素としてDHAとEPAを積極的に摂取する事により老化が防げるのです。

 

人の老化する現象には、細胞が酸化することが最大の敵になるわけですが、DHAとEPAには、強力な抗酸化作用があるために、老化が防げるという事になります。

 

肌が酸化すると、くすみがちな肌になり、シワが増え、一気に老化してしまいます。それに加え、肌に弾力がなくなると、たるみになってしまいます。その、たるみには、肌の奥にあるコラーゲンが大事になってきますが、実は、DHAとEPAは、このコラーゲン生成にも一役かっているのです。

 

抗酸化作用のパワーと、コラーゲン生成を促進してくれる二つのことにより、いつまでも若々しく美しくいられるのです。ですから、積極的にDHAとEPAを摂取する事をオススメします。

DHAが期待できる様々な効果とは

DHAはマグロやカツオ等の魚油に多く含まれる脂肪酸で、日本ではサプリメントや健康食品にもよく使用されていることでも有名です。

 

DHAを摂取することで期待できる効果は多岐に渡ります。

 

コレステロールや中性脂肪を抑える、動脈硬化の予防、高血圧の改善、生活習慣病の予防、ストレス緩和作用、アルツハイマーや高齢による痴呆の予防又は改善、記憶力の向上等と老若男女問わずオールマイティーとも言える分野での活躍が期待できるのです。

 

最近では特に妊娠中や授乳中の女性に良いとされていて、胎児の脳の発達のサポートや乳児の知能指数が上がる効果があるとも言われています。

 

知能指数は成長してから上げるのは簡単ではないため、胎児や乳児のうちに母親からDHAを摂取することが、とても大切になるでしょう。

 

DHAは熱に弱いという特性を持っているため、煮たり焼いたりといった調理法よりも刺身で摂取する方法が最もオススメの食べ方です。

 

生が苦手な方は鍋に入れる等した際に、煮汁も一緒に飲むことでも摂取は可能になります。

 

DHAとEPAのすごいところは?

DHAとEPA、その言葉を聞いたことがある人は多いと思います。わたしもそのひとりです。

 

でも、具体的にDHAとEPAの効果はどういったものかわからない、そもそもDHAとEPAってなんだろう…というのがわたしのDHAとEPAについてのイメージでした。

 

そこで今回はDHAとEPAの効果などについて調べました。

 

まず、DHAはドコサヘキサエンサンという脳の活動を活性化させる成分を豊富に含んだ栄養素になります。

 

記憶力や判断力を高める効果や、認知症を予防する働きをしてくれる効果が期待できる栄養素です。

 

EPAは、エイコサペンタエンサンのことで、中性脂肪を減らしたり、コレステロール値を下げてくれる働きがある栄養素です。

 

また、血液をサラサラにしてくれるので、血栓ができづらくなる効果もあります。

 

DHAもEPAも、青魚に多く含まれています。

 

例えばイワシ、サバ、サンマ、ブリ、マグロなどです。

 

現代人は魚不足だと言われますが積極的に食べるようにして健康になりましょう!

 

DHAでいつまでも脳を活発な状態に

青魚等に多く不飽和脂肪酸、DHAはかなり以前から脳を活発にさせる効果があると言われてきてます。

 

どのようなメカニズムかというと DHAは血液脳関門と呼ばれる場所を通過することができる物質です。

 

なお、青魚等にDHA同様に含まれるEPAはこの場所を通過はできません。脳内に取り込まれたDHAは脳のシナプスを活性化し、情報伝達速度を早めます。その結果、脳の働きが活発になると言われてます。

 

ラットを使った実験でもDHAを摂取したマウスはしてないマウスよりも迷路の正解率が高かったり、DHAが含まれるミルクで育った幼児は知能指数が高いという結果が得られているそうです。

 

ちなみに、私自身、中学生の頃にDHAの効果をテレビで見て必死に青魚、サンマを摂取したり、親にたのんでサプリを買って貰って飲んでました。

 

なお、今から20年以上前では今よりもDHAのサプリが高価であったことを覚えています。

 

効果はというと、小学校、中学校前半はお世辞にも勉強ができる子供ではありませんでしたが、志望の高校、大学と進むことができました。

 

かなりの有名大学だとは思います。ちなみに小学校時代からの友人には信じられないと言われています。それなりに効果はあるのかもしれません。

もちろん、学業に関する努力もしてきましたが。

 

青魚に含まれるEPAで血液をサラサラに

青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸であるEPAは、同様に含まれているDHAとは効果が異なります。EPAは、DHAとことなり脳内には取り込まれないので脳を活性化させる働きはないようです。

 

これはEPAのみの不飽和脂肪酸を摂取させた動物実験では、脳への影響が見られなかったことからも判明しているようです。

 

しかしながら、EPAは、DHAよりも血液の凝集を防ぐこと、いわゆる血液サラサラ効果が高いことが分かっています。

 

血圧を下げる効果も確認されております。

 

ですが、やはり脳の活性化も期待したいので、サプリメントはDHAを摂取できるものを買えば問題ありません。

 

EPAのみを単離することはできるのですがEPAが入っていないDHAはありませんので。

 

しかしながら、血液の凝固効果低下するということも考えられるので、用法用量を守った摂取が重要です。

また、循環器系の持病がある方は摂取にあたり医師と相談した方がいいかもしれません。

 

DHA EPAを奨めたくなる理由

私はドラッグストアに働いているので薬やサプリメントの市場動向やなぜ売れるのかに凄く興味があります。

 

最近DHAやEPAが注目されていてよく手に取られるお客様も増えてきました。

調べてみるとこれらは青魚系によく含まれている不飽和脂肪酸でEPAは血液をサラサラにする効果が高く、DHAは神経系に作用し、脳を活性化する効果があります。最近では妊婦さんの利用が多く、葉酸と共に妊娠初期での利用が高まっています。

 

DHAやEPAが胎児の発育に良い影響を与えるという研究結果が多数報告され、また早産リスクの軽減や産後うつの予防にも効果が期待できる栄養素なので妊婦さんが積極的に取ろうとする背景もよく分かります。

 

勿論魚を食べる事でもこれらの栄養素を摂取する事はできますが、食べる量が制限されるのでサプリメントを上手く摂取して一日量をしっかり取るのが理想的です。

 

ただ過剰摂取は嘔吐や下痢を引き起こす事があるので注意が必要です。

 

非常に注目の高まっている栄養素なので上手く知識をつけ効果的に摂取していく事をオススメします。